スバル レガシィ(BR) バッテリー交換 バックアップ 初期化 リセット

電装部品

スバル レガシィ ツーリングワゴン5代目BM/BR系のバッテリー交換、メモリーバックアップ、

バッテリーサイズ、初期化(リセット)手順を紹介します。

スバル レガシィは大きいサイズのバッテリーを使用しているため交換となると整備費用が高くつきます。

アイドリングストップ車は専用バッテリーのため、さらに高額になります。

ですが、レガシィは比較的簡単に交換できるので、自分で交換すれば整備費用を安く抑えられます。

スポンサーリンク

バッテリーサイズ

レガシィ ツーリングワゴンのバッテリーサイズは

  • 標準車・・・75D23R(75が性能ランク、D23Rがサイズ)

サイズは同じ物、性能ランクは75以上のバッテリーを選びます。

 パナソニック製100D23R

  • アイドリングストップ車・・・Q-85R(85が性能ランク、Qがサイズ、Rが端子位置)

サイズ、端子位置は同じ物、性能ランクは85以上のバッテリーを選びます。

 パナソニック製Q-105R

アイドリングストップ車用のバッテリーはサイズにLの端子位置の表記がありませんので購入の際は注意が必要です。Q-85R(Rの表記の無いものがLの端子位置です)のRの表示があるバッテリーを選びます。

バッテリーの交換手順

バッテリーの交換手順は以下の通りです。

  1. キーをOFFの状態にする
  2. メモリーバックアップバッテリーを接続する
  3. マイナスターミナルを取り外す
  4. プラスターミナルを取り外す
  5. バッテリーステーを取り外す
  6. バッテリーを車両から取り外す
  7. 新品バッテリーを車両に取り付ける
  8. バッテリーステーを取り付ける
  9. プラスターミナルを取り付ける
  10. マイナスターミナルを取り付ける
  11. メモリーバックアップバッテリーを取り外す

メモリーバックアップ

イグニッション(キー)をOFFの状態にします。

運転席足元にあるOBDカプラーにメモリーバックアップバッテリーを接続します。

接続したらメモリーバックアップバッテリーの電源を入れます。

カーメイト メモリーキーパー(単4アルカリ乾電池6本使用)

バッテリーの取り外し

バッテリーはエンジンルームに取り付けられています。

10mmのナットを緩めてマイナスターミナルを外します。

バッテリーステーに取り付けられている配線クランプを外します。

10mmソケットレンチなどで左に回すと取れます。

潤滑剤を吹き付けると回りやすいです。無理に回すと割れることがあります。
10mmのナットを緩めてプラスターミナルを外します。
10㎜のナットを緩めてバッテリーステーを取り外します。
バッテリーを車両から取り外します。

バッテリーの取付

新品のバッテリーを車両に取り付けます。

バッテリーステーを取り付けて10mmナットを締め付けます。

プラスターミナルを取り付けて10㎜ナットを締め付けます。

マイナスターミナルを取り付けて10㎜ナットを締め付けます。

バッテリーステーに配線クランプを取り付けます。(回さず押し込みます)

メモリーバックアップバッテリーのコードを抜きます。

初期化(リセット)

メモリーバックアップバッテリーを使用しなかった場合やバックアップに失敗した場合は初期化(リセット)作業が必要です。

パワーウインドウ

  1. イグニッションONにする
  2. 運転席のドアガラスを半分以上開ける
  3. パワーウインドウをUP方向に作動させ、全閉停止してから3秒以上保持する

電子スロットル

  1. イグニッションONにする
  2. 10秒待つ

ECUリセット

  1. エンジンを始動する
  2. 無負荷状態で完全暖気する

バッテリーの廃棄について

廃バッテリーは資源になるため、多少金額がかかるかもしれませんが、修理工場で引き取ってもらえると思います。定期点検や車検のついでにお願いしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました