セレナ C27 バッテリー交換 方法 適合サイズ バックアップ 初期化 リセット

電装部品

修理費用は自動車が高性能になるにつれ高くなっています。

一昔前であればバッテリー交換は2~3万円でも高いイメージでしたが、今はバッテリーを2個使用していて6万円以上かかることも珍しくありません。

今回はセレナ(C27)S-ハイブリッド車バッテリー交換方法、初期セット、バックアップの方法を紹介します。

セレナ(C27)のS-ハイブリッド車はバッテリーを2個使用しています。(それ以外は1個)

スポンサーリンク

セレナ(C27)のバッテリーサイズ

バッテリーサイズはメインがS=95、サブがK-42で、どちらもアイドリングストップ車用のバッテリーです。

GSユアサ製 S-95 K-42 セット(分かりやすいので、セットでの購入がおすすめです)

パナソニック製S-115(パナソニック製の場合S-95 は無いのでS-115を選びます)

パナソニック製M-65(パナソニックの場合K-42のサイズがないのでM-65サイズを選びます)

メモリーバックアップの方法

バッテリーを外す前にメモリーバックアップ用のバッテリーを繋ぎます。

バックアップ用バッテリーは運転席足元にあるOBDカプラーに繋ぎます。

OBDカプラーは故障診断に使用するカプラーで、通常ここに診断機をつなぎます。

キーOFFの状態でメモリーバックアップバッテリーをつなぎ、電源を入れます。

カーメイトメモリーキーパー(単4アルカリ乾電池6本使用)

バッテリーの取り外し

まずバッテリー上に被さっているエアダクトを外します。

エアダクト前方に付いているクリップ(プッシュリベット)を2個外します。

クリップは真ん中の部分を押しんだ後、上に引き抜きます。

クリップが外れたらダクトを上に持ち上げて外します。

写真のように差し込まれているだけなので、持ち上げることで簡単に外れます。

バッテリーターミナルを⊖マイナス→⊕プラスの順番で外します。

バッテリーターミナルは10㎜のナットを緩めて外します。(ナットは完全には外さない)

バッテリーのステーを外します。

バッテリーステーは10㎜のナットを緩めて外します。(ナットは完全に外さない)

バッテリーを持ち上げて外します。

古いバッテリーからバッテリーカバーを外しておきます。(新しいバッテリーに取り付けます)

バッテリーの取付

新しいバッテリーにカバーを取り付けます。

新品バッテリーに取り付けられている持ち手を外します。(奥の大きいバッテリーから取付けます)

バッテリーステーに刻印されている矢印が車両前方を向くように取り付けます。

バッテリーステーの10㎜のナットを締め付けます。

 

バッテリーターミナルを⊕プラス→⊖マイナスの順番で取り付けます。

バッテリーターミナル、バッテリー本体を軽く揺すってみて、しっかり固定されているか確認します。

エアダクトをエアクリーナーボックスに差し込むように取り付けます。

クリップの中心部を上に引き上げた状態にしてから差し込みます。

差し込んだら中心部を面一まで押し込みます。

コンピュータのリセット

バッテリーを新品に交換した後はコンピューターのリセット作業が必要になります。

(バッテリー放電電流積算値クリア)

この作業はスキャンツール(診断機)がないと作業できません。ですので修理工場やディーラーにお願いすることになります。

点検や車検、修理などのついでにリセット作業もお願いするといいと思います。
リセット作業を行わないとアイドリングストップ機能が正しく作動しなくなるという事ですが、どのような不具合が起こるかはわかっていません。今までリセット作業をしていない車両を何台か見ていますが、特に不具合は起こっていません

初期化(リセット)方法

メモリーバックアップバッテリーを使用しなかった場合、初期セットが必要になります。

パワーウインドウ

  1. 運転席ドアを閉めIGスイッチをONにする
  2. ガラスを半分以上開ける
  3. パワーウインドウスイッチをAUTOアップで全閉して押しっぱなしで2秒以上保持する

バックモニター

  1. エンジンを始動する
  2. ステアリングを左右にいっぱいに切る。
  3. 直進状態で走行(速度30Km以上、距離100m以上)

オートスライドドア

  1. オートスライドドアスイッチで全開、全閉に作動させる
  2. 異音異常がないか確認する
  3. ブザーが鳴ることを確認する

時計

ステアリングスイッチを操作して時計を合わせる。

時計を選んでOKを押し、時計を調整します。

バッテリーの廃棄について

廃バッテリーは資源になるため、多少金額がかかるかもしれませんが、修理工場で引き取ってもらえると思います。定期点検や車検のついでにお願いしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました